top

2019年1月8日火曜日

主権を認めるってどういうこと?

今朝のデボーションで
「神の主権を認める」ということが書いてあったのですが

ふと

「神の主権を認める」ってどういうこと??

と思ったのです。

これ、よく聞くわりに、簡単に説明するの難しくないですか?

私はだいたいこういうコトバに引っ掛かりを感じ、そこから探求の旅に出てしまいます(苦笑)

ちょっとだけその旅におつきあいください。

というのは、

婚活をすすめていくときに
「神の主権を認める」という姿勢は、結構重要だったりするからです。


聖書にはよく「主権」という言葉が出てきます。
聖書アプリの検索エリアに「主権」と入れて探してみるとなかなか面白いです。
多くは「神様にそれがある」というような内容で使われています。

日本語では「主権」の一言ですが
英語だと何種類かの言葉で訳されています。

dominion  支配[統治]権[力], 主権
reign  (君主・帝王などの)君臨、統治、支配、勢力、治世、御代(みよ)
kingly  王の
Potentate  主権者,君主.

Soverign  主権者、元首、君主、国王 
などなど

辞書を調べてみると
だいたい国家における・・・という意味で定義されていますが
ざっくりいうと「外部からのコントロールから自由な統治権」という意味のようです。
もともとはヨーロッパの政治において「至高性」を指す用語・概念の言葉だそうです。

これらを合わせると

主権とは
「一番高いところにあって、
 誰からのコントロールも支配も受けない、
 そして自ら以外のすべてのものを支配し、統治する権利」


と言えるかもしれません。

で、

これをもっているのが”神”・・・ということなんですよね。

で、


その対極にいるのが”私たち”

私たちにはそういった主権がない 

「一番高いところにいなくて、
 何かからのコントロールや支配を受ける側で
 統治される側」

これが”私たち”・・・ということなんですよね。

だから、
思い通りにならなかったり制約を感じるのは当然。
何かの支配下にある感じがして当然。

そして、この立場、構図は変えようがないので・・・こりゃ仕方ない、と思いました。



大事なのは、だれの支配下にいると自覚するのか。


暴君の支配下におり、悪い者に統治されていると思うと、絶望を感じちゃいますよね。

でも、統治者が素晴らしい方で、
素晴らしい環境を整え、その中に住まわせ、
統治下に居る者の幸せを願い、正しく支配してくれるなら、とても安心♪
喜んで支配されることを享受できる。お任せできる。従える。と思える気がします。

さて
私たちの統治者、支配者・・・「神」はどういう方か?


話が少し変わりますが
今、「幼児心理アドバイザー」の資格を取るべく学んでいます。
ちょうど0~2才児の発達について学んでいて、
あぁこれが人が自意識が芽生えてくるより以前に組み込まれているメカニズムなのか・・・と感心したりします。

発達心理学では、
赤ちゃんが特定の人物との間に築く緊密な絆のことを
アタッチメント(愛着)と呼ぶのだそうです。

赤ちゃんは、他者との親密な関係を築くことによって、
ネガティブな状態を低減し、安全であるという感覚を保とうとする本性があると考えられています。
その安心安全を得るために、
赤ちゃんの養育者は、
赤ちゃんにとってのピンチを察してサポートする、
いざという時に頼りになる存在であることが重要です。
そして
このアタッチメントは、楽しく遊ぶだけでは形成されない。

神様は
私たちにとって”父”であると表現されるように
養育者のような存在であり、
私たちは育てられる赤ちゃんのようでもある、と思いました。

赤ちゃんと養育者が緊密な絆を築くためには

1、養育者(神)が赤ちゃん(私たち)に「ピンチの時はサポートし、いざという時に頼りになる」ということを伝え続け

2、赤ちゃん(私たち)が養育者(神)を「ピンチを察してサポートし、いざという時に頼りになる存在」と認識すること

(そしてその絆は楽しく遊ぶような軽い浅い関わりでは形成されない。
ピンチやいざという時という、多少ネガティブやシリアスな状況を共有することも大事なんだなと思います。)

1、は聖書を通して伝え続けられています
 ・・・としたら、あとは2、。

私たちが、聖書を通して養育者(神)からのメッセージを心に受け取って、
認識を増やしていって、
アタッチメントが築かれていって、
安心安全を心に得ていく。


たぶん、それはそんなに難しいことなくて・・・。

なにか頑張って修行して聖書知識を増やすとか、とにかく聖書通読を完走するとか、
とにかく教会に出席するとか、やたらメッセージを聞いてありがたがるとか
・・・ではないような気がします。

だって・・・赤ちゃんはそんな努力とか修行とかできない・・・(笑)
さあ、成長しよう!!と意識的に向上心を持つ赤ちゃんがいたら・・・ちょっと怖い(笑)

ただただ
目を開き、耳を開き、心を開いて、
赤ちゃんが養育者を呼び寄せるように
神様を求めていけば
それらは得られるんじゃないだろうか・・・

赤子のように・・・神を求めていくこと、

から始まるような気もしてきました。

その先に、

その養護者に身を任せ、統治されることに身を任せ、

あぁ
神様は私の養護者で、私の人生を良く統治し、正しく支配し、幸せへと導いてくださる
だからお任せしよう。
神様には主権があり、私はその下に居る者です。

と、自然に思えるようになる・・・

無理なく
「神の主権を認める」
ことができるような気がしてきました♪

そして

それができたら
思い通りにいかなかったり、不安を感じたりするときに
神様とのアタッチメント、絆に立ち返って
安心と安全を心に得て、
落ち着いて祈りながら、婚活も進められるのかな、
と思います。




ふぅ、落ち着いたw

思考の旅にお付き合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m



2019年1月5日土曜日

あけましておめでとうございます:2019年

あけましておめでとうございます。

2019年となりましたね。

新しい年を迎えられたこと、主に感謝します。

どんな状況であれ
ReStartの機会となる「節目」というものがある

だったら、
「今年もダメかも」
と思うよりは
「今年はきっといい年に」
と思いたいですよね。


でも


「毎年そう思ってスタートしてはうまくいかない・・・」

と思い出してしまうと
余計に心が苦しくなってしまう

私は

必要以上にポジティブにならなくてもいいと思うのです。

というか

自力でポジティブになろうとすると、かえって非力を感じてしまうから

あまり「ポジティブ」を頑張りたくない(苦笑)



今朝、デボーションで出エジプト記の4章を読んでいました。

主は彼に言われた。「一体、誰が人間に口を与えたのか。一体、誰が口を利けないようにし、耳を聞こえないようにし、目を見えるようにし、また見えなくするのか。主なるわたしではないか。 さあ、行くがよい。このわたしがあなたの口と共にあって、あなたが語るべきことを教えよう。」 (4:11,12 新共同訳) 

エジプトに戻りユダヤ人を救い出すように神様に召されているときに必死に「できません〜」と抵抗するモーセに言われた言葉です。
そしてこの後、モーセの不得意さを補う助け手としてアロンも備えると約束してくださいます。

ここを読みながら

そうだよね、
私をつくり、育て、導き、私の体も時間も人生もすべて支配しているのは神様だよね。
だから、神様が、わたしを動かし、人生をつくり、導いてくださる。必要なものを必要な時に与え、心も体も動かしてくださるんだよね。
だから「さあ行け!」と言ってるんだよね。
神様は横に、後ろに、前に伴走してくれるんだよね。

と、改めて思ったのでした。

だとしたら、

私にできることは

”わたしを主に明け渡すこと”

”安心して、行け!と言われるまま行くこと”

自分の力や能力や限界のことで思い悩むのはやめにして
シンプルに前を向いて
神様が見せてくれる想像もつかない世界を期待する・・・


もちろん

歩み方を変えるのは
簡単なことじゃありません。

私もかつて
”主に自分を明け渡してあゆむ”
ということをあまりしてこなかったから
いざやろうとしたら
ものすごく不安定な感じがしたし
こんな主体性がない感じでいいんだろうかと思いました。

はじめは、失敗もします。
かつてのやり方と、新しいやり方の狭間で揺れ動きます。
あれ?やっぱりうまくいかないんじゃないの・・・?
前の方がやっぱりうまくいくんじゃないの・・・??


でも、
それでも”主に明け渡す” ということを信じて繰り返していくと
そっちのほうがいいことがだんだん体験的にわかっていきます。
そして、道が開かれていく・・・。
神様が自分の人生を良い方向へとぐいぐいひっぱってくれることを
体感していくようになる・・・・。
神が共にいる、なんともいえない平安に心が満たされるようになる・・・。

と、思います。


新しい年

神様が
「さあ行け!」
と言ってくださる。

「はい!」
と応答して
歩んでいけますように♪


結婚を祈っている
クリスチャンホームを築きたいと願っている
お一人一人のために
心から祈っています。


交わり会の開催は未定ですが、
ご相談はいつでも受け付けております。
また、ブログでも情報やコラムを綴っていければと思っています。

2019年もよろしくお願いします(^ ^)






2018年12月31日月曜日

2018年、ありがとうございました

今年最後の日曜礼拝
メッセージのテーマが「主の良くしてくださったことを忘れない」
ということで
一年の恵みを覚える機会となりました。

みなさん、この一年は、どうでしたか?

CCMとしては
交わり会を2月、5月、6月の3回
そしてオンライン聖書学び会での交わりを持つことができました。

2017年までのように毎月交わり会・・・とはいきませんでしたが、
新しい形の交わりや繋がりに挑戦できたことは、感謝でした。

オンライン聖書学び会(クリ婚キャンペーン)は特に
本当に豊かな機会となったように思います。

また、LINEやメール、SKYPEで、個々にたくさんお交わりもできたことも
本当に感謝でした。


CCMから結婚していったいくつかのカップルから
妊娠、出産報告をいただいたことも嬉しいことでした。
逆に、とても大きな試練に二人で立ち向かったという姿もありました。

(結婚すると、不思議とびっくりするような試練が来るものですね・・・)

婚活で結婚はゴールではなく、いろんな意味で家族形成が続いていくのだ・・・
とは頭でわかっていたけれど
本当に新しい家族の形がどんどん形成されていくのを見ると
神様の導きの大きな流れのようなものを感じます。

婚活しているときは想像できないものだけど
結婚した後にも、未来や人生は続きます。あるんです。生きていくんです。


2019年は、CCMとしてはさらに活動は縮小します。

でも、相談や質問は、いつでも受け付けております。
祈り合うことはできます。
いつでもご連絡ください。

2018年の一年、色々あったけれど、死にはしなかった。
命守られ、信仰が守られたことを、神の御手のうちにありつづけられたことを
感謝します。

そして、
2019年に期待して、祈っていきましょう!!!




2018年12月30日日曜日

<結婚のカタチ 1:後編>


(つづき)
それぞれの思いと事情を抱え、迎えたお見合い当日・・・

マミさんは、カズオさんと一緒にいる心地よさ、彼の前で自然体でいられる自分を感じました。
障害よりも彼自身を見ているうちに、彼の目が見えないことを忘れるほど、彼の内面に魅力を感じたのです。それは、「彼が最初に私の内面を見てくれたからかもしれない」とマミさんは言います。出会ったその日に、不安に思っていた全てが吹っ飛びました。

カズオさんは、自分の弱さとブラックな過去をすべてマミさんに打ち明けました。
マミさんは話をきちんと聞いて、全てを受け入れてくれ、
「過去のことは過去で、未来を見よう」と言ったそうです。

まだ別れたくない思いと、また会えるような気もちを抱えて、お見合いは無事に終わりました。

こうして二人の交際は始まり、出会いから1年ほどでお二人は結婚しました。


結婚してまもなく2年を迎えます。
いまだに「ラブラブ」という言葉の似合うご夫婦です。
マミさんは、「年齢が離れているおかげか喧嘩になったことも、怒られたこともない。いつも感謝の気持ちを伝えてくれるから、私も感謝を素直に伝えられる。彼は何でもしてくれるので、正直独身時代母と二人暮らしをしていた時より楽をさせてもらっている(笑)。二人でいる時間がとても心地よい。結婚してからますます彼を思う気持ちが強くなっている。彼が自分を犠牲にしてでも私にとって良いことをしてくれるから、私も彼の喜ぶことを優先して考えるようになった。何をする時にも一緒にいたいと思えるパーフェクトなパートナー!幸せです。」と語ります。
彼と出会って、それまで周りの目を気にしていたのが気にならなくなり、外出先でお祈りも堂々とできるようになったそうです。

カズオさんも「しあわせ。休みにはいろんな所に連れて行ってもらえて、いろんな体験ができているのが楽しい。」と言います。
お二人はよくツーショット写真を撮りますが、結婚して初めてカズオさんは笑顔で写真に写ることを覚えました。

お二人の姿を見て、教会の人も親族も「信じられない。神の奇跡に他ならない」と言うそうです。


最後に、お二人から今結婚を祈る人へ伝えたいことを聞きました。
マミさん「心の奥底で思っていた本当の理想は、無理かな?と思っていたけど、まさに理想通りの相手を与えられました。表面上の理想とはかけ離れているし、他人から見たら「?」と思われるかもしれないけれど、これ以上の人はいないと思える相手です。そして、本当に神様のタイミングがある。あの時でなかったら、この人を良いとは思わなかったかもしれないし、選ばれてもいなかったかもしれない。自分で時を決めて焦るのではなく、神様のタイミングを待ってください。ふさわしい相手に出会うまでに経験することは絶対に無駄ではなく必然だったと実感しています。必ず最高のパートナーが用意されていることを信じてください」
カズオさん「相手を愛し受け入れることで、相手も愛して受け入れてくれます。相手の欠点は相手の存在自体を愛したことで受け入れられるようになります。悔いのない婚活をしてください」

こうしてお二人が自分の体験を正直に話してくださり、神様の素晴らしさを証してくださったことを心から感謝します。
お二人の結婚生活がますます祝福されますように祈ります!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2018年12月28日金曜日

結婚7年目

12月で
私たち夫婦は結婚7年目に突入しました。

おそらく二人で過ごせる結婚記念はこれが最後・・・
ということで

ホテルの夜景の見えるレストランで食事をし
(サプライズでお祝いケーキも)
テーマパークの夜をちょっとだけ楽しむ・・・という

少し豪華にお祝いをしました。


もともと、そういうことに無頓着な私たち夫婦ですが
たまにはロマンチックなシチュエーションもいいものだな、と
楽しませていただきました。
(とはいえ、予約等の段取りは私がしました。旦那さん大喜び♪)


二人の率直な感想は・・・

「よく7年も続いたよね」(笑)

そう・・・

結婚するときには、そんなこと想像もつかなかったのです。

出会って1ヶ月でプロポーズ、その7ヶ月後には結婚。
お互いのことを、ほぼ何も知らずに結婚生活はスタート。
互いの違いに驚くことも、涙することも、試練もいっぱいありました。
一緒に生活しているのに孤独を感じることもあったし・・・
二人だから乗り越えられたこともあったし・・・
何がいいとか、悪いとか、そんなこと言ってる暇もなく
とにかく1日1日をなんとか一緒に生きてきて、今日まで来た。
気づけば、7年・・・

一つ一つ積み重ねることで、振り返れば歴史になるのだなぁと思いました。

聖書の中では「7」というのはちょっと特別な数字で
いわゆる完全数というものだそうです。

その7年目に
泣きながら祈り求めた「子ども」が与えられる(…予定。無事生まれれば)
それもまた感慨深いです。


人生は思い描いたようにはすすみません。

夢みるときは、いろんなことを思い描きます。
そして、
思い描いたことが素晴らしいもののように感じます。
だから、それを追い求めてしまう。
追い求め、「条件」となっていくとき
不思議と夢は遠ざかっていく・・・。

今結婚しないと、子どもを育てられないかも
と言ったって
結婚してすぐ子どもが与えられるわけじゃない。

こういう仕事をしている人じゃないと
安定した結婚生活が送れない
と言ったって
会社が潰れたり、いろんな事情で経済を損なうことだってある

こういう人じゃないと、結婚生活は楽しくない
と言ったって
一緒に住んでみないとわからないことはたくさんある


あらゆることが劇的に変わるのが「結婚」だと思うのです。
だから、今の続きで想像しても、、、まず無理だなぁと思います。

だからこそ

「神様に委ねる」

どうなるか、もう全然わかんない

でも
神様は、想像を超えて、素晴らしくしてくださり
想像を超えて、結びあわせてくださり
想像を超えて、継続させてくださる

環境も、状況も、心さえも変えられるのが
神様の力です。

必要な変化ならば、神様はちゃんと変えてくださる。
私も主人も、本当に変わりました・・・。


そして

これからも変えられていくでしょう。

どんどん、夫婦の形、家族の形は変わっていく・・・。
そこに必ず神様の御手がある。
だって、この結婚は、神様の手で結ばれたものだから。

とても、楽しみです♪

2018年12月27日木曜日

<結婚のカタチ 1:前編>

FFM(ファミリーフォーラムマガジン)に掲載された記事の
写真を載せたら、その小さな写真を一生懸命拡大して読んでくださった方が
たくさんいたそうなので

こちらにテキストでご紹介したいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これは、私が見させていただいた「想像を超えた主にある結婚」の証です。
神が二人の男女を導き一つの夫婦として結んでくださることを通して、
私たちは「神が共におられる」「神様は全知全能のお方だ」ということを
改めて教えられます。

 今回ご紹介するのは、北海道に住むカズオさん(仮)とマミさん(仮)のお話です。
二人が出会ったきっかけは、クリスチャン専門の結婚相談所での紹介でした。
当時、カズオさんは53歳、マミさんは42歳。
カズオさんは、生涯一人でいること、そして一人で信仰生活を保つことに不安を感じたこと、
マミさんは、身近な同い年の女性の結婚が続いたことが、婚活を始めたきっかけでした。

しかし、結婚を祈るにあたりそれぞれに不安や悩みがありました。

カズオさんは、生まれつきの視覚障害者です。さらに離婚歴がありました。
同居はしてないものの二人の子どももいます。以前の結婚時には教会から離れていました。また、二人の妹も離婚を経験しています。「結婚」そのものに対するイメージが決して良いとは言えませんでした。さらに母親は施設に入っていました。

一方、マミさんは自分の家族に障害者がいること、自分自身にも家族にも金銭的余裕がなかったこと、北海道という土地柄出会いが少なく、遠方の人を紹介されるたびに婚活そのものに負担を感じることもありました。
婚活を始めてからカズオさんと出会うまでにすでに4年が経っていました。「本当に結婚できるのだろうか。私を愛してくれる人がいるのだろうか。もし地元を離れたら、やっていけるのだろうか。」さまざまな不安が募ったそうです。

そんな二人の心の支えとなったのは、牧師先生、牧師夫人、信仰の仲間の祈りとサポート、具体的な励ましの言葉だったと言います。二人の婚活を、それぞれの教会の方達が共に祈り、励ますことで支えてくれたそうです。

 そんな中、カズオさんとマミさんが引き合わされ、お見合いすることが決まりました。
カズオさんの事情を説明されたマミさんは、正直戸惑いました。
けれど、会わずに断るのも相手に失礼だと思い、会うことにしたそうです。それでも、できたら相手から断ってくれたらいいのにという思いもありました。

お見合いまでの数日、なぜか視覚障害者の方の死亡事故のニュースを見ました。
その方は後天的な失明だったため歩行も不慣れで事故にあったとのことでした。でも、カズオさんは産まれながらであり、自立した生活をしている…だから「安心」だと感じたそうです。
また、体の不自由な相方を支えながら仲良く手を繋いで歩くお年寄り夫婦の姿を見て「私もそんな夫婦になりたい」という気持ちが芽生えました。

それらの思いの変化の後に、お見合いの日を迎えました。
カズオさんのほうは、マミさんが相談所に登録して初めてのお見合い相手でした。しかし、この人がダメならもう婚活はやめようと決心していたそうです。

 そうしてついに、お二人はお見合い当日を迎えました・・・

(つづく)



2018年12月26日水曜日

結婚のカタチ 連載スタート

以前から
若枝-netzer-の会(クリスチャン婚活ミニストリー)の
広告を載せさせていただいていた
「ファミリーフォーラムマガジン」
という雑誌に

「結婚のカタチ」をテーマに記事を書かせていただくことになりました。

そして、その第一弾が
冬号に載りました。



これは、私が婚活支援ミニストリーや友人との出会いの中で目撃した
クリスチャンの結婚のカタチ(事例)を紹介するものです。
できるだけ、私の意見を入れずに、ありのままの二人の姿をシンプルに紹介するようにと
心がけました。
なので、個人情報以外は実話で構成されています。

一見難しいと思われる出会い(例えば障害をもっているとか・・・)
からも、神の導きと信仰によって二人が結ばれ、
涙がでるほど麗しい結婚の形になる・・・

そういう姿やお二人の証をみていると

結婚ってなんだろう?
導きってなんだろう?
信仰ってなんだろう?

そんなことを考えさせられるのです。

今回、取材に協力してくださったご夫婦には
心から感謝します。

結婚って・・・それだけで主を証することになる・・・。

お二人の結婚生活と、そしてこの記事が
大きな励ましや伝道となっていくといいな、と思います。


内容は、
いつかこちらのブログでもシェアさせていただきたいと思っています。


また、ファミリーフォーラムマガジンには
クリスチャンの結婚、交際、家族、育児をテーマに
たくさんの記事が載っています。

よかったら、ぜひ、購読してみてください!