top

2018年10月2日火曜日

自立とは依存のかたちを変えること

先月いっぱいで
約2年半にわたるハーベスト聖書塾での聖書の学びの全過程を終えました。

婚活サポート、相談を受ける中で、どうしても必要を感じて始めた聖書の学び。
「聖書を土台とした婚活だってのに、聖書がわからなくちゃぁどうしよもない!」
そう思い、取り組んだのでした。
最初の4ヶ月はスクーリング・・・当時私は岐阜にいて、東京まで月一で通いました。
その後は通信教育。学んではレポート、添削返却、学んではレポート、レポート、レポート・・・な2年半でした。
レポート提出のたびに毎回心臓が縮こまりました。返却されるレポートには先生のフィードバックがちゃんとあって、理解を確かめることができました。
知らなかったこと、わからなかったこと、疑問に思っていたことがどんどん明確になって、腑に落ちて、自分の中で聖書や神様のことが整理して理解できるようになって。
その納得と発見がおもしろくて、本当に有意義な2年半でした。

そして、
このがっつり聖書の学びが終わるとほぼ同時に、
子どもを授かったのです。

神様のご計画って、すごいでしょ・・・。感服・・・m(_ _)m

けれど
正直、学びグセがついてしまい、レポートの日々が終わってしまうのが寂しい・・・・。

ということで、出産までの数ヶ月で
できそうな、新しい学びに手を出しています。

その一つが

「幼児心理アドバイザー」の勉強

これも、本当におもしろいです。

「人が育つということは・・・」
について、本当にハッとさせられることがいっぱいです。

まだまだ、入口ですが、
その中で衝撃だった一言

『自立とは、依存のかたちを変えること』

!!!!!


婚活においてもよく出てくるワード「自立」

「自立」
というと、みなさん、どんなイメージを持ちますか?

・ひとりでなんでもできる
・ひとりで生活をちゃんとしていける
・人に頼らず自分で立つことができる

結婚相手の希望としても
「自立した人がいい」
という声を聞きます。
その意味するところは、おそらく
「一人でも生きていける力、働く力や家事などの生活力がある人」
といったところではないでしょうか。

けれど、
実は、
この希望を出す人、
あるいは
この自負がある人
ほど
なんか・・・結婚に・・・導かれにくい・・・
みたいな傾向があって(- -)

何だろうなぁ、と思っていたんです。

けれど、

そもそも「自立」の概念が違ったのだ!ということに気づかされました。

自立とは

「ひとりで立つことではなく
 社会の中でどのような<依存のかたち>を選んでいくか
 どのような関係性の中で生きるのかを自分で選んでいくかということ」

と表現されていました。

人は、ひとりでは生きていけない

それは、
生まれたばかりの赤ちゃんも、
ちょっと育った幼児も
少年も
青年も
大人も
壮年も
老人も
・・・一生そうなのです。

必ず誰かと関係して、誰かに頼って、頼られて、助け合いの関係の中で
私たちはやっとこさ生きていっている

その関係のかたちが
成長(発達)過程や環境で変わるだけ・・・

そして
大人になったら、それを自分で選んでいくという一面がある
というだけのこと


私としては
妙に納得しました。

「それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。(創世記2章24節)」というみことばを思い出します。

父と母(の子)という家庭内での依存関係から離れて
妻(夫)という新しい依存関係の中に入り、新しい一つの家庭を築く・・・。

新しい<依存のかたち>へとシフトしていく




どうでしょう??

婚活で「自立」は必須だと思います。

その「自立」とは

「依存のかたちを変えること」

「社会の中でどのような<依存のかたち>を選んでいくこと」


こう考えると

すこし

婚活観が変わってくるかもしれませんね。


2018年10月1日月曜日

10/20KCM交わり会 オンライン参加

10/20に関東でKCM交わり会を開催します。

今回のテーマは「祈り」

いつものように分かち合いもあり、
テーマに沿って「祈りノート」を作ったり
実際に互いに祈り合うこともチャレンジしてみたいと思います。

今回、あらたな試みとして

zoomによるオンライン参加

をやってみようと思います。

遠方だけど、
諸事情でリアル参加は無理だけど、
ちょっとだけ交わり会に参加してみたい

という方

10/18までに
下記までご連絡ください

smile-forward@outlook.jp

タイトルに「10/20KCMオンライン参加希望」
本文に
「名前、地域、年齢、つながりやすい連絡先(メアド)」
を書いてください。

そして、準備として

・安定したwifi環境
・スマホ、タブレットもしくはPC
・スマホの方は、あらかじめZOOMアプリをダウンロード
・ZOOMに登録しておく(アカウントをとっておく)となおよし

をしておいてください。

参加希望者にのみ
ZOOMのミーティング招待をお送りします。

空間を超えて…
良き交わりのときとなりますように…。

2018年9月24日月曜日

祈りのちから

「祈りましょう」 
「祈ってます」
よく聞く言葉。
「10年、結婚のために祈っているけど、叶わないんです」
これも、婚活現場でよく聞く言葉。
神様は祈りを聞いてないんだろうか?
応えはわからないものなのか?
祈っても意味があるのか?
5月から8月まで、
若枝の会で「朝夕に祈る主の祈り」(大嶋重徳先生著)をテキストに
祈りについて、ガッツリ学びました。
イエス様が私達に教えた「祈り」とは
こういうものか!
と、衝撃を受けたり、自分の祈りを省みたり、励ましを受けたりしました。
そこらへんから
私の中で「祈りってなんだ?」と
テーマになっていました。
9月にKCMのイベントをきっかけに
「プラス表現トレーニング」をリードしてくれた岡崎さんとの交わりの中で
何度も出てきたワードも『祈り』でした。
(彼女は本当に、祈りの人です)
プラス表現トレーニングや認知行動療法について勉強を進める中で、
「これって祈りに似てるのでは?」
と感じることがいくつもあって…
極めつけは
買っておいてやっと読み始めた
「祈り合う家族になるために 家庭礼拝のススメ」(大嶋裕香さん著)
で、彼女と彼女の周りの方の祈りの姿に衝撃を受け…
(この本、超オススメです)
ドカーーン!!!

『祈り』が押し寄せてきました。
「お前は祈ってるか?
 本当に祈ってるか?
 信じ切って祈ってるか?
 大胆に祈ってるか?
 具体的に祈ってるか?」
突きつけられて
これはマジでやらなあかん!
と思わされ
『祈りノート』を作りました。
思いつく一つ一つのこと
思い浮かぶ一人一人のこと
小さなノートの左ページに箇条書きにして
右ページには、祈りの先のことを書くことにしました。
で、一日に一度は、そのノートを見ながら、祈っていく
というのを
3日続けたある日
祈っていた、ある新婚カップルから
突然のメールが…。
「奇跡的に子どもが与えられました」
(40過ぎて結婚し、40代半ばにして自然妊娠!)
前触れもない嬉しすぎる報告に、本当にびっくりしました!
そして、
あぁ!神様はちゃんと私の祈りを聞いてる!
と思ったのです。
というか、
祈りを聞いてるよ、てことを、示してくださいました。
なんとも心が満ちていく感じがしました。
もう一つ
この祈りの効果としては
祈りに覚えることで
知恵と力が湧いてくる
ということ。
祈るということは
意識するということ
だから、
この祈ったことについて
自分は何ができるかな?
何かできることがあるかもしれない
と無意識のうちに能動的になるし
そうすると、ひとつ、ふたつと
今まで気づかなかった道に気づいたりする。扉が開いたりする。
もし、行動に繋がらない祈りなら
たぶん、能動的な祈り、積極的な祈りではないのかもしれない…。
聖書の祈りは
いわゆる神社参拝のご利益祈祷とは違う…
もっと主体性をもったもの
なんじゃないかと思います。
本当に、祈りのちからがあらわれるとき
それは本当に素晴らしいものだと
ここしばらくで教えられました。
これからも、
もっともっと
祈っていこう…
と思います。


2018年9月22日土曜日

自分を知る

CCMにずっと参加し
婚活についていろんなことを吸収しつつ
出会いに導かれ、結婚に導かれ
このたび子どもを授かり、出産を控えた女性と
久々にじっくり交わりをしました。

婚活を共に祈ってきた仲間とは
こうして結婚後も交流があります。

自分たちの婚活を振り返り
また、夫婦生活を振り返りながら

なんども出たキーワード

「自分を知ること」


意外と、自分で自分を知らないもの・・・
わかっているつもりでも、それは都合のいい自分の姿だけであったり
思い込みの部分があったりします

客観的に、自分のいろんな面や特性があることを知ることで
神の恵みと
気をつけたい部分に
気づいていくことができる。

そしてそれが、人生の歩みを、スムーズにしてくれる。

そうだよねぇ〜〜〜



そんな話をしていました。


私も、
信仰を取り戻した時、
結婚をしたいと祈り始めた時
婚活をする中で
結婚生活の中で

とこっとん自分と向き合い、砕かれる機会を何度か体験しました。
そしてそのたびに

「自分の道を顧みて、あなたのさとしのほうへ私の足を向けました。私は急いで、ためらわずに、あなたの仰せを守(詩篇119:59-60)」るようにと
方向転換や軌道修正や、勇気を持って歩みだす、ということをしてきました。


自分を知る

という方法は、いろいろあります。

性格分析、エニアグラム、認知行動療法・・・
適職診断などのときにも少し触れるかもしれません。

さらに
聖書の基準と自分を照らし合わせたり
聖書の登場人物と自分を照らし合わせたり

そして
いろんな方法を通して
自分と向き合う中で
「自分を知る」こと を
内なる聖霊が、心の奥底から助け導いてくださる・・・
と思うのです。



自分と向き合うのは、とても勇気がいることかもしれません。

でも、それが、大きな突破口になることもあります。

行き詰まっている時には

祈りつつ

チャレンジしてみてはどうかな?と思います。


そして、その先には

大きな発見と、広がる世界が
まっている・・・かも!


2018年9月14日金曜日

情報:結婚恋愛がテーマのキャンプ

今、埼玉の同盟キリスト教団の教会に
準会員の形で礼拝に集わせていただいているのですが、

その冊子に

おもしろい情報を見つけました!!


気になる!!

教団外の方が参加できるのか、確認してみないとわかりませんが、

こんなスペシャルなキャンプはたぶんなかなかありません!!

セミナーや講演をたくさんされている先生ご夫妻ですが
セミナーでは一方的に聞くことがほとんどだと思いますが
キャンプなら、交流できるし、ゆっくり時間をかけて交わり、祈り、考えることができると思います。


もう、是非!お問い合わせしてみて!

2018年9月3日月曜日

10/6リベカさんでお見合いパーティー@東京

こんにちは

クリスチャン婚活の出会いの場が広がっています。

私が婚活していた6年前より、はるかに・・・。

是非、機会を活かしてほしいと思います。
とにかく・・・そこに立ち尽くしていても、状況は変わりません。
動き続けるしかない、探し求め続けるしかないのです。


いろいろとお互いに協力させていただいている
クリスチャン婚活ミニストリー『リベカ』さんが

10/6(土)に大規模なお見合いパーティーを開催します。
場所は、御茶ノ水クリスチャンセンター
定員は50名!!軽食付き!ミニセミナー付き!

ーーーーーーーーーーー
<以下、リベカサイトより>
10月6日(土)お茶の水クリスチャンセンターでクリスチャンの婚活パーティー&結婚ミニセミナーが行われます。独身クリスチャンの方、申し込みをお待ちしています。
(牧師先生の許可をいただいてご参加ください。)
メール、メッセージ、LINEにて・お名前、年齢、都道府県名、教団名をお知らせください。
https://ameblo.jp/marriage-rebecca/entry-12401625821.html


ーーーーーーーーーーーー
『リベカ』さんは、発足からまだ1年ほどですが、すでに会員が100名近くおり、成婚カップルが3~4組誕生していると聞きます。
すごいことです。
主催者が牧師夫人であり、とても活動的、顔も広く、牧会者ネットワークがとにかく強い。つまり、牧会者や教会からの信頼性が高いので、たった一年でこれほど拡大し、また成果も上がっているのだと思います。

まさに、今注目の団体だと思います。

是非、この流れに乗ってみてはいかがでしょう。


婚活は、タイミングや流れを掴むことも結構大事だと思います。
トキを逃さないこと…、波がきた時に乗っかること、
今日があなたにとって一番若い日であること・・・!!

是非、主に力をいただいて、チャレンジしてみてください!




2018年8月24日金曜日

結婚とは助け手が与えられることなんだ

久しぶりに

コラムを書こうと思います。


いやはや

びっくりしました。

まさか、自分が妊娠悪阻で入院するとは・・・。

頭痛と嘔吐が続いて、頭痛薬をもらいに病院へ行ったら
そのまま入院になってしまって

この日は偶然旦那さんがお休みで病院に付き添ってくれていたので
いろんな手続きなどもスムーズでした。

病院へ行くことをすすめてくれたのも、旦那さんでした。

入院中、
最初の2日は完全な絶食絶飲と点滴。
この点滴が痛くて・・・。
割とすぐに回復したので二日目はずっと空腹との戦い。
夜中には低血糖になって眠れず・・・。

健康って、あたりまえじゃないんだ・・・
と痛感しました。

結果的に、
ゆっくり悪阻やつわりの辛さからも回復できて
毎日母子の健康チェックもしてもらえて
よかったな、と思います。

そして、

入院に際していろいろ動いてくれ
仕事の合間に、どうでもいいけど明るい内容のLINEを送ってくれ
仕事終わりにご飯も食べずに10分でも病院に立ち寄ってくれ
くだらない話をして笑わせてくれた
旦那さんの存在に
本当にありがたいと思いました。


かつて

独身一人暮らし時代に
激しい偏頭痛で救急車を呼んだ時
一人暮らしで引受人がいないことで
搬送先の病院がなかなか見つからなかったことがありました。
そして、家から遠い病院になんとか入れてもらい
一晩点滴を受け
回復したら、一人でお金を払って、一人でヨロヨロとタクシーを拾って帰りました。

一人って・・・・大変。
なんかあったときに、全部一人でなんとかしなきゃいけない。
迷惑をかけられる友人をもてたらいいけど
そのとき私には、そんな人がいなかった。


結婚して、
他人だけど、家族で
他人だけど、家族だから甘えてよくって
第三者的にも、なんかあったらその人に・・・ってなる。

それが、伴侶。
婚姻関係を結んだパートナー

2年前は、旦那さんが骨折して
私が手続きしたり、ケアしたりしてた。

もちろん普段の生活だってそうだけれど

お互いがお互いの「助け手」になる、なれる

それが結婚。

リーダーシップをとったり、サポートしたり、中心になったり、周りを固めたり・・・
役割は違えど
役割分担しながら

お互いがお互いの「助け手」

それが結婚。


完璧な一人と一人が合わさるのじゃなくて

どちらが崩れる可能性なんてどんだけでもあるから

そんな不安定な二人が一緒になることで助け合う

それが結婚。


自分も助けるし、自分も助けてもらう

それが結婚。




ときどき

「理想の人と出会えないなら、結婚しなくてもいい」
という声を聞くけれど


結婚には

それ以上の

"理想”以上の

価値があるんじゃないか・・・

と、


ふと、思うのです。


P.S.
明日には退院できる予定ですが、入院によりいろいろと滞っていることがあり申し訳ありません。体調不良により、メール等の返信も遅くなることもあるかと思いますが、何卒ご了承ください。