top

2017年11月18日土曜日

個性ってなんだ?

ナンバーワンにならなくてもいい
オンリーワンになろう

そんな言葉が流行ったこともありました。

人と比較して優れていなくても
いいじゃないか!

自分らしさ、とか
個性、とか
他人にはない自分の何か、とか

そういうものがあればいいんだ・・・!


一見「そうだよね」と思えそうですが

このオンリーワンになろう主義にはまって
私自身は大変に苦しみました。


演劇をやっていた時代
「誰よりも上手い」・・・よりも
「誰とも違う」が、かっこいいと思われていました。
(少なくとも私はそう思っていた)

あの人は、なんか違う。個性が光っている。
彼の演技は誰にも真似できない
独特の味わいがあり
彼にしかできない解釈、彼にしかできない表現、
あの人にしか出せない声、音の響き

そういうものが、やはり注目されたし、
求められたし、評価の難しい世界の中では断然強かったし

だから、「個性的でありたい!」
とすごく思ったのです。

ちょっとでも、人と一味違っていようとする
同じことを言ってもやっても目立てない
あの人がそうくるなら、私はこうしよう
常に、そんなことを考え
言動も、ファッションも、好むものも
特別っぽく、過激にしようとしていたように思います。

けれど、やろうとすればするほど
なんか誰かと似てる、すでにやり尽くされたことだったりする
工夫した感がでる・・・

そして、自分が空っぽで、すごく普通の人だ、と思い知らされたりするのでした。

夢の挫折とともに、私は個性を追うことをやめました。
普通の人になろうと決め、もうすぐ10年がたちます。
普通の人になってから、婚活をし、結婚が決まりました。

今思うのは
個性はひねりだすものじゃないのだな
ということです。

差別化や、奇をてらうことで、出てくるものでもない。

そんなことしなくても
十分その人らしさというのは出てくるのです。

今、23人で聖書の学びと交わりをしています。
全員の、学びに対する感想コメントに、一人一人私は返信をします。
でも、誰が誰かわからなくなることはありません。
みんな違うのです。
考え方も、表現も、キャラクターも特徴も、違うのです。
十分に「みんな、個性的だなぁ」と思います。

そして、そのすべてが愛しいなぁと思うのです。

神様はこの人をこんな風に育て生かし歩んでこられているんだなぁ
と思うと、いとしさを感じるのです。
それは、きっと、神様の方が感じているものかもしれませんね。

個性というのは、
その人を構成するいろいろのものが合わさってにじみ出る味、かもしれません。

それを、神様はよくよくご存知だけど
当の本人がわかってなかったりする。

自分のことを、何の変哲も無い、おもしろみのない人間だと思っている。
欠けや汚れはあっても、良いものなんてないだろう、と思っている。

もったいないなぁ、と思うのです。


演劇の夢に挫折し、普通の人になることを決めてから
婚活をしました。
そしたら、普通の人なはずの私に目を留めて、
私を特別な人として見てくれる人と出会い、結婚しました。
彼も十分個性的な人ですが(笑)彼に言わせれば、私は驚くほど個性的だったようです。

そして、結婚してから、CCMのミニストリーも、ANNIとしてのミニストリーも与えられました。
普通の女性と結婚していたはずが、
人には関わるわ、パーティーは開くわ、人前で歌って語るわ・・・
そんな妻おるかい!!とつっこむ状態です。

私自身も、普通でいよう、普通の奥さんをやろうと思っていて、
決して個性的な女性になりたいと思ってやっているわけではないのです。
でも、客観的に見てみれば、
今の私は、夢を追い個性を求めていたあの頃より
ずっとずっと個性的な生き方をしていると思います、自分でも・・・。

それは、神様がひきだしてくださったものです。
時が来て、必要があれば、そんな風にしてくださる・・・のだと思います。

そして、そんな個性は、あるいは賜物は
だれの中にもあると、私は信じています。

婚活する中で、神様がくださっている「個性」を、その人らしさを
その人自身が気づいていき、またそれが輝いたらいいな、と思います。
その輝きは、別に全ての人を魅了しなくても良いのです。
特別な誰かにとどく輝きであれば・・・。



来年からは、そういった、その人にある個性、素敵なところ、賜物を
見つけ出すお手伝いを
個性と個性がパズルのように組み合わさり、つながる、お手伝いを
また再開していきたいと思っています。



2017年11月14日火曜日

クリスチャンの結婚支援「リベカ」のご紹介

結婚を祈るクリスチャンのみなさん

北陸にクリスチャンのための結婚相談所が誕生しているので
ご紹介します!!


クリスチャン同士の結婚支援「リベカ」です。


北陸を中心としていますが、全国どこの方でも相談にのってくださいます。

代表の中西じゅんこ先生は牧師夫人でもいらっしゃいます。
とても寄り添って話を聞いてくださいます。
私も何度かお会いし、またたくさん交流させていただいていますが
本当に柔らかい対応をされる先生で、とても話しやすいです。
共に喜び、共に泣いてくれる・・・そんな優しさに慰められます。

実は、クリスチャンブログをずっと書かれていて
「キリスト教人気ブログランキング」で3位になっている
密かに有名なブロガーさんでもあります。

「リベカ」は有料の相談所ですが
結婚相談所としては料金もかなり良心的かと思います。

とにかく『クリスチャン同士の結婚』にこだわってサポートされているので

「クリスチャンと結婚したい!!」という方にはおすすめです!

HPはhttps://marriage-rebecca.amebaownd.com/

お問い合わせは

問い合わせフォーム https://my.formman.com/form/pc/PRenZPUHKgaa3aBA/
もしくはチラシに掲載の電話番号に電話もしくはショートメールで連絡

ご興味ある方は
是非一度、検討してみてください!!!



CCMも来年には、婚活サポート再開します。
こちらも、お楽しみに♪

2017年11月9日木曜日

迂回した道 ~Roundabout~

先日、面白いセミナーに参加しました。

今、イスラエルでキリストを信じるユダヤ人やアラブ人が増えているとのこと。

その画期的な方法は「インターネット」

それが、伝道の「迂回の道」となっているのだそうです。

どういうことかというと、

ユダヤ教では、新しい教えがあったとき、
それを認めるかどうか、かならずラビの審議と許可が必要なのだそうです。
彼らにとっては「キリスト」や「新約聖書」は新しい教えに入るものであり
2000年たった今でも受け入れられてはいません。
というか、ほとんど知らない、のだそうです。
また、国外から伝道することもできない。(入れてもらえない)
国内でもおおっぴらに伝道することは難しく、そんなことをすれば迫害は間違いなし。
伝道したとしても「それが本当かどうかラビに聞いてみなきゃ・・・」
というリーダーコンプレックスも根強いそうです。
律法の門番(Gatekeeper)の壁は高い・・・。

しかし、インターネットが普及して
ラビを通さず、シナゴーグ(会堂:私たちでいう教会)を通さず
人々がキリストについて直接知ることができるように
なってきたのだそうです。
イスラエルのインターネット利用率は、日本よりはるかに高い!
寝る以外のほとんどの時間、ネットにつながっている状態なのだそうです。
ホームページやYoutube、SNSを通して
キリストを信じたユダヤ人の方達が
「イエスはメシアなんだと、信じざるを得ないよ」
と心からの証をしていて、
それをみて興味を持った人たちがどんどんアクセスするのだそうです。

この活動をしているONE FOR ISRAELの方が
「これは、迂回の道なんだ」
と教えてくれました。

高い壁、境界があるのだけど、それと戦うのでもなく、乗り越えるのでもなく
「迂回する道」


この話を聞きながら
日本のキリスト教界にも、境界や壁、そしてGatekeeperがいるような気がする
と思わざるを得ませんでした。

さまざまな教団・教派があり、それを超えてクリスチャン同士がつながりをもつのは
難しい・・・と感じています。
聖書を超えた、教会のルールだったり、クリスチャン業界の常識だったり、
そういうもののゆえの「流れの悪さ」にもどかしくなることもあります。

クリスチャンの婚活を活性化させたいのだけど
このBorderやGatekeeperをどう超えていけばいいのか
ずっと考えてきました。

けれど、「迂回の道」があるかもしれない・・・
思いのある人に直接繋がる方法があるかもしれない

と、セミナーを聞いて
励ましを大いに受けました。

もう一つ励ましとなったのは

「ユダヤ人がユダヤ人としてユダヤ人に伝道するのが一番効果的」
ということを通して

そうか、日本人が日本人として日本語で日本人に合う形で伝道すればいい

そうか、
婚活経験者が経験者として
アラフォーの私がアラフォーとして等身大で
クリスチャンの私がクリスチャンとして
私らしく婚活のサポートをすればいい

と思えたことでした。


CCMのあり方、VISIONを年末までにじっくり考え
来年に備えたいと思います。

是非、お祈りいただけたら嬉しいです。


2017年11月4日土曜日

疲弊しないために

何かを根気強く、長く、タフさをもって続けるためには

心が疲弊しない・・・

ということが、どうしても必要になるなぁと
思う今日この頃です。


話は変わりますが

私は持久走が好きではありません。

もともと喘息持ちで、小中学校で必ずあった持久走大会とその練習は
まさに地獄でした。
トラックを走りながら、外反母趾と喘息での呼吸難の苦痛と戦い、
さわやかどころか冷や汗をかきながら、
まだか、まだ終わらないのか・・・と校庭から見える時計をみる。

だから、高校は持久走大会がない、ということを一番の理由に
地域でトップの高校に意地でも入った・・・というほど
持久走が好きではありません。

苦しいなぁ、辛いなぁと思いながら
同じことを続けていかなければいけないのは
心を疲弊させます。
頑張らなきゃいけないんだけど
がんばる力はどんどん削がれる思いになります。


婚活が長引いていくとき、
これと似たような「心の疲弊」が起きるような気がします。

心が疲弊しすぎると
もう、なんだか、全部、どうでもよくなります
よね。


走りながら、心が疲弊しないためには
どうしたらいいのだろう・・・と考えていました。

使徒たちは、長く激しい伝道の道のりの中で、
どう心を保ったのでしょうか。


使徒パウロはこんなことを語っています。

「昔書かれたものは、すべて私たちを教えるために書かれたのです。
それは、聖書の与える忍耐と励ましによって、希望を持たせるためなのです。
(ローマ15:4)」

昔書かれたもの、とは
パウロにとっては旧約聖書にあたる書物たちでしょう。
私たちにとっては、新旧約聖書になるとおもいます。

そこに書かれているのは
かつての人たちの試練や苦難の道のり・姿
それを神の助けや励ましによって乗り越え祝福された姿
試練の先には希望がある!と神を賛美する姿
どんな絶望的な状況でも「神は共にいて、神は愛してくださる」ということ

それらを読むことで
私たちも「忍耐と励まし」を得て
「希望」をもたせてもらえる。


困ったら・・・
苦しくなったら・・・
心疲れた時こそ・・・

聖書を開く。
みことばにたずねる。

ということが、秘訣なのかなぁと思いました。



聖書を学んでいくこと、聖書から真理と確信を得ていく営みと
婚活は
深いつながりがあるべきではないだろうか・・・

ということを
私は最近すごく考えています。

そしてその挑戦を
10月からの
「クリスチャンらしい婚活をするために聖書を学ぼうじゃないか企画」
でおこなっています。

手応えが・・・あります。

これからが楽しみです。


<<お知らせ>>

秋のプレゼント、クリスマスのプレゼントに
「カタログギフト」はいかがでしょう?

もらった人が選べるギフト
しかも、カタログでキリストの香りを届けられる!
オールクリスチャンクリエイターによる商品でできた
福音も届くカタログギフトです。
是非ご利用ください♪
>>カタログギフトたらんと<<<
http://netzerministry.com/talant/




2017年10月23日月曜日

体験的に知る

「クリスチャンらしい婚活をするために一緒に聖書を学ぼうじゃないか企画」
から三週間が経ちました。

3日に1話のペースで約1時間の講話を聞き、内容を理解して、理解したことと心にとまったことをアウトプットするということを、繰り返しています。
もちろん、内容はとても豊かで、ちゃんとつながりと展開があり、
続きを聞きたい!となる内容ではあるのですが・・・

1時間のインプットとそこからのアウトプット(文章化と発信)

社会人生活を送りながら、また婚活をしながら
聖書の学びに1時間以上の時間をさく、ということは
なかなかにハードだと思うのです。


が、


なんと


ほとんど脱落者がいません。


8割以上の方がほぼ「3日に1話のペース」で学びを続けています。

正直、驚いています。
(たぶん、やっている本人たちが一番驚いている)



なぜ続けられるのか・・・?

無料の企画です。なので
払った代金の価値だけは元を取らなきゃ!というわけでもありません。

特典(無料カウンセリングや紹介サポート)はあります。
でも、いくら無料とはいえこんなハードなことを3ヶ月やるより
サクッとしかるべき相談所へお金払って紹介してもらったほうがずっと楽でしょう。


今、この企画と参加者に何が働いているのか・・・
すごく不思議なことがおこっているような気がしてなりません。



そして、



学びと経験を同時に進めていく、ということが
もしかしたらとても意味があるのかもしれない

と、思わされています。



聖書の中で「知る」という言葉がよく出てきますが
その多くが「体験的に知る」という意味です。

知識としてわかる、だけでなく
知識として知った真理を
生活や、婚活の経験を通して確かにする。

たとえば「神への信頼によって希望を持つ」ということを
学びの中で知り、

生活の中の人間関係や、婚活の出会いや交わりなどの
試練や困難、うまくいかない体験の中で
実際にそのコトを適用し
「こういう苦しい状況の中でも神様を信頼する」
「目の前がまっくらだけど希望を持っていく」
「どうしたら、なにをどう拠り所にしたら
  神への信頼を握り、希望を持つことができるか」
ということを一生懸命考えることができます。

そして、その荒波をこえた時に
「神への信頼によって希望を持つ」ということが
自分の体と歴史に刻まれ、よりその真理を確信することができるのです。

より確信できた時に、信仰の土台は強化され
クリスチャンとしても成長させられると思います。

そこで培われたものは簡単には崩れないし
その後の歩みの中でも絶対に活かされていくと思います。

聖書の言葉を安易に適用することもよくないけれど、
聖書を学ぶことと、生活を生きることは、絶対切り離してはいけない。

聖書が与えられ、解き明かしを聞く機会が与えられ
日々の生活が与えられていることの意味を思い、
また感謝したいと思います。


どうか、学びのために、婚活しながら学ぶ一人一人のために
お祈りください。

また、このミニストリーのためにも、是非お祈りください。



2017年10月21日土曜日

妬みのメカニズム

先日、教えていただいた話の中に
とても面白い発見がありました。


妬みのメカニズム


妬むって

自分を人より上に見てるということが土台にある

自分はあの人より上なはずなのに
状況として、あの人より下になっている

上なはずなのに・・・!!と。


もし、自分がその人より下だと思っていたら

状況として、下になっていても

まぁ、そうだよね、で終わって

妬みの感情は起きないはず。



人と自分を横並べにして、上下つけたくなる
その感情はいったいなんなんだろう・・・


自分と神様だけの縦の関係だけを意識していられたら
そんなことしなくて済むかもしれない


あるいは、
キリストの姿にならって、へりくだって
「自分が人より上だ」という考えを
窓から外へ捨ててしまえたらいいかもしれない


あるいは、
人の目から見たら、私はあの人より下かもしれない
でも、神様から見たら私は唯一無二の作品で
たっぷりたっぷり愛してくださり、生きる価値がある
だから、別にいいや、と思えたらいいかもしれない


「妬み」の感情はやっかいだ

いいものは何も生み出さないし
心を蝕むばかりだ

そんな虫歯みたいなものは
放っておかずに
きちんと取り扱ったほうがいいように思う。

妬みの感情が
おきなくなることはないだろうけど
妬みを感じた時に
どう処理していくか・・・大事だと思う。

妬みの感情の隙間から、
悪魔は罠を仕掛けてくるから・・・。





2017年10月18日水曜日

耳を傾ける

お見合いパーティーを見ながら
交わり会の様子を見ながら

「傾聴」の難しさ

について考えます。


とても赤裸々な話になりますが

相手に興味がなくなりながら話を聞いている人の顔は
それはもう露骨に「興味ナイ」が出ています。

残酷なくらいに
「興味ナイ」顔になっています。

交わり会などになると
「あなたの話は別にいいんだけど」
な顔をしている人もいたりします。
それは、本当にそうとわかるような表情なのです。

そういうのを、客観的に見ていて
私としては、とてもさみしい気持ちになります。

だって、

自分が人にそんな顔をされたら
めちゃめちゃ辛いじゃないですか。
なんとなく自己嫌悪に陥ってしまうじゃないですか。
うまく表現できない部分を汲み取って欲しいと
心の中で必死に足掻いていて
それだけでも、もう崩折れてしまいそうなのに
目の前でシャッターおろされたら
なんだか絶望的になるじゃないですか。


話を聞いていて
「なんだ?」と思うこともあるし
「何言ってんの?」と思うこともあるし
「なぜそんな話し方?」と思うこともあります

でも、その先や、その奥を
もう少しだけ見守りながら探ってあげたい
そしたら自分も納得できることもあるかもしれない
そしたらその人を好きになれるかもしれない

そう思って「耳を傾けてみる」

そんなちょっとした忍耐と優しさが
クリスチャンにはあってほしいなぁ、と
願ったり祈ったりするのです。


神様は、罪に縛られどうしようもなく、不器用で頑なな私たちに対して
忍耐をもって愛してくださっています。

ものわかりの悪い私たちのために、キリストは
「父よ、彼らをお赦しください。彼らは何をしているのかわからないのです」
と十字架の痛烈な痛みと苦しみの中で、とりなして祈ってくださいました。

神が私たちに注がれた愛を覚えていたい。
その愛をしっかりと心で握りながら
いろんな人と向き合うことができたら・・・と
思います。