top

2019年7月6日土曜日

<結婚のカタチ 3>後編

(つづき)

正男さんは二つの大きな問題を抱えていました。一つは「片付けられないこと」。彼の部屋を初めて見た時、かつて見たことがないほど散らかった部屋を見た陽子さんは…

この人との結婚を考え直す…

ということはせずに、

一緒に片付けを始め、専門業者を手配して彼と一緒に断捨離をしていきました。もう一つの問題も、ここでは具体的には言えませんが、彼女が当時携わっていた仕事のスキルが多いに役立ち、徹底的な解決に向かうことができました。

どちらも、長年彼一人では解決できない問題でした。しかし、彼女の存在と彼女がもつセンスやスキルが、彼の弱さと問題を大幅に解決にしてくれたのです。しかも、結婚前に…。

正男さんは、このことを通して、彼女との結婚を強く決心したそうです。迷惑をかけるのではないか、という心配以上に「陽子さんは自分の人生にとってかけがえのない存在、一緒に生きていきたい」という思いが強くなったのでしょう。

自分の弱さに踏み込まれることを嫌がる男性もいますが、13歳という年齢差もあるためか、正男さんは彼女の積極的な介入に嫌悪感を感じることなかったそうです。彼からは何度も「ありがたい」と感謝の言葉が出ていました。

 陽子さんも、発達障害とそれに伴う問題になぜこんなにも関わっているのか、大変さを感じながらも破談しようとは思わなかったのか、本人にもわからないまま、問題解決と結婚準備とが進んでいったようです。聖霊は時に人の意思や意識を超えて働れることがありますが、クリスチャンの婚活では特に見られる現象の一つです。

そうして、気づけば、出会って約8ヶ月、正男さんと陽子さんは結婚しました。その間にも、聖書のみことばと教会の方々、牧師先生、家族が二人を支えてくれたそうです。

 結婚生活はいかがですか?と聞くと、陽子さんは「お互いの意見を尊重しながら二人でうまくやってます。」正男さんは「独身の頃に比べて、生活環境は格段に良くなりました。色々な意味で『監督』が必要だった私にとって彼女は重要な存在です。」と言っていました。

 お二人にご自身の婚活をふりかえり、今婚活中の方々に伝えたいことを聞きました。
陽子さん:お付き合いの最中には色々とハプニングはつきもので、聖書を土台とした教えは対応してもらえるけど、現実的な悩みになると神様は「今すぐの悩み」には対応しては貰えないので「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。」(テサロニケ人への手紙5章16節~18節)を思い出して主人との結婚を耐えず祈り続けてきました。」
正男さん:よく、結婚することを「ゴールイン」と言いますが、むしろここから「スタート」だと思います。ここからがいろんな意味で長いので、幸せな結婚に導かれるよう主の祝福を祈ります。

 金沢には、壊れた陶器の割れ目を金で継ぎ、新たな価値ある器に生まれ変わらせる「金継ぎ」という修理技法があります。
信仰とみことばという金で継ぎ合わされ、想像を超えた結婚生活へと導かれたお二人の姿は、それだけで神の素晴らしさを映しだす「金継ぎの器」のようではないでしょうか。

 お二人の結婚生活がますます主の祝福の中で実り、多くの人たちの証となりますようにと祈ります。
ーーーーーーーーーー

「結婚のカタチ」シリーズ連載をさせていただいている
ファミリーフォーラムマガジン2019年夏号

http://www.ffj.gr.jp/new/magazine.htm

マガジンにはいろんな結婚・恋愛・家族についての優良な記事がたくさんあります。
ぜひ、お求めください♪

2019年7月5日金曜日

<結婚のカタチ 3>前編


ファミリーフォーラムマガジンで連載をさせていただいている
「結婚のカタチ」シリーズ。
2019年夏号が発刊されました。

http://www.ffj.gr.jp/new/magazine.htm

マガジンにはいろんな結婚・恋愛・家族についての優良な記事がたくさんあります。
ぜひ、お求めください♪

今回マガジンでもご紹介した<結婚のカタチ>だけ
こちらでもご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、年齢と障害を超えた結婚の証です。

<結婚のカタチ 金継ぎ編>前編
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは、私が見させていただいた「想像を超えた主にある結婚」の証です。神が二人の男女を導き、一つの夫婦として結んでくださることを通して、私たちは「神が共におられる」「神様は全知全能のお方だ」ということを改めて教えられます。

「障害」の定義をご存知でしょうか。
日本の障害者基本法によると、障害者とは「身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。)その他の心身の機能の障害がある者であって、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるものをいう。」とされています。つまり、身体的精神的弱さのために生活していく上で「障壁」があり、生活に制限を受けている状態です。「障害」は乗り越え難いものというイメージがありますが、「障壁」ならばアイディアや協力によってその「壁」を乗り越え、あるいは回避することができるのではないでしょうか。そうして、生活の制限を軽減することによって「障害」は「個性」になることもあるのです。

今回ご紹介するのは、年齢、障害による「壁」を神様がそれぞれに備えられた「賜物」と「アイディア」によって乗り越え、パズルのピースが合わさるように結ばれたお二人の結婚の証です。

金沢にお住いの正男さん(仮)と陽子さん(仮)は、金沢で行われていた超教派のクリスチャンの集まりで出会いました。
当時、正男さんは46歳、陽子さんは33歳。

正男さんは、30代の頃から牧師と将来のパートナーについて祈ってきましたが、牧師先生の積極的な祈りを受け、この頃本格的に婚活のために動き始めたそうです。

陽子さんも、周りの友人が次々と結婚していくのを見て、ちょうど婚活に本腰を入れ始めた頃でした。33歳という年齢は、婚活においてはそれほど遅い年齢とは言えませんが、彼女にとしてはとても焦りを感じていたそうです。

正男さんにも婚活にあたって心配なことがありました。彼は大人になってから自分が発達障害であることを知り、それが婚活や結婚生活に支障をきたすことになるかもしれないと危惧していたのです。

そんな二人が、結婚をテーマにした小さなクリスチャンの集まりで出会い、互いに共感する趣味を通じて意気投合しました。その後、改めて正式にお見合いをしたとき、正男さんは正直に自分の発達障害について陽子さんに話したそうです。陽子さんは驚きましたが、二人はお付き合いを進めることになりました。そしてその中で、実際に陽子さんは正男さんの発達障害の現実を見ることになりました。

正男さんは二つの大きな問題を抱えていました。一つは「片付けられないこと」。
彼の部屋を初めて見た時、かつて見たことがないほど散らかった部屋を見た陽子さんは・・・
(つづく)

2019年6月28日金曜日

西岡まり子先生恋愛結婚セミナー<婚活編>

CGNTVの
西岡まりこ先生の恋愛結婚セミナーシリーズ
<婚活編>が公開されています。

婚活編は座談会の形をとり
仲人士として、リベカの辻香さんが
婚活経験者として、わたくしカワセが
参加しました。

前編は婚活(結婚相談所での)流れがメインテーマ
後編は婚活って実際どうなの?なにがいいの?がメインテーマ
です。

ぜひご覧くださいまし!

婚活座談会1と2をクリックしてみてくださいね。
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=3159&category=1036&fbclid=IwAR3VfqiV28kc92oPAB9KW6ZJSLLTcT4OIr3j_pRBQGQFKvmzkohbQkgWrW4


2019年6月11日火曜日

西岡まりこ先生の恋愛結婚セミナーシリーズが始まりました

西岡まりこ先生の恋愛結婚セミナーシリーズが始まりました。
「恋愛」とそのプロセスをとてもとても丁寧に紹介してくれます。恋愛って何?
なんだったっけ?という方、ほんとオススメ!!

<1回目>
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=3159&category=1036


<2回目 つづき>
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=3159&category=1036&fbclid=IwAR3uOHtTeCEAGaR7h-75xGjn-RTmzBp0R8Y_HDT_L8_CLcnN5NhjU-80VoI


2019年6月8日土曜日

結婚の新しい意義

少子化だ・・・とか
生涯未婚率があがった・・・とか
問題としてあげられ、
婚活する人、あるいは独身者にはやたらとプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

でも、

知ってます?

日本の生涯未婚率は
江戸時代から明治初期まで
もっともっと高かったんです。
ちなみに離婚率も高かったそうです。

明治に入り、民法で庶民の結婚について定められて初めて
「結婚しましょう。夫婦は基本添い遂げましょう。」
という流れができて
そこから日本の結婚率は上がっていったのだとか。

ほとんどの人が結婚する
とか
妻が夫の扶養に入る
とか
そういうような常識が出来上がったのは
日本の歴史の中では
わりと最近のこと・・・なのです。

100年くらい前までは
結婚しない人があちこちにいて当たり前、だったわけです。


何が言いたいかと言うと

常識に外れたくないから、結婚する・・・
みんなするから、とか、当たり前だから、結婚する・・・

という概念によってプレッシャーを感じる必要はないんじゃない?

ということ。

その代わり

新しい結婚の意義を見つけ出すべきだと思います。

なんのために結婚するのか?したいのか?

例えば、

結婚してもいいし、しなくてもいい
その選択に、だれもあなたを責めたり、蔑んだりもしない

その上で、
あなたは、結婚したいか?なぜしたいか?

内側からの理由づけを、自分なりに見つけてみてはいかがでしょう?

そして、その理由と聖書を照らしてみて
納得いったら
どんな選択にしても
きっと前に進みやすくなるんじゃないでしょうか。

2019年5月29日水曜日

魅力ってなんだ?

先日、とあるクリスチャンネット番組の収録にゲストとしてお話しさせてもらってきました。
もちろん、クリスチャン婚活がテーマで、私は婚活経験者として参加しました。
それにあたって、婚活仲間の友人たちにも婚活についていろいろ聞かせてもらい、声を集めました。

収録の準備をしながら、思うことは多々あったのですが、
ふと、魅力ってなんだろな・・・と思いました。

婚活をして、結婚にいたった人たちのそれぞれのプロセスを見ながら
思うのは・・・

何かができるから、何かが優れているから結婚する、相手に選ばれる・・・
ってわけじゃない

ということ。

もちろん婚活の場では自己アピールをするわけで、
そこでは自分の短所、デメリット的なことをアピールはしないし
当然、良い面、得意なこととかを表現していったほうがいいんだけど

人が何に魅力を感じ、
この人ともう少し話してみてもいいかな、と思うかというと

好条件なスペックとかじゃなくて

人柄・・・とか
在り方・・・とか
たたずまい・・・とか
生き方・・・
みたいな

その人そのもの・・・

みたいなところかと思うんです。

だから、
年収が高くない人でも
年齢が高い人でも
障害を抱えている人でも
不利な条件抱えてても
結婚に至る人が出てくる。

奇跡的なマッチングが誕生する。

と、なるとですよ

これは、一夜漬け的にはいかない。
身だしなみやメイクを変えるだけでは追いつかない。(これはこれでやったほうがいいけど)

人としての本質的なところを磨く必要がある。

そ、そんなの・・・間に合わない!

と思うでしょうか。

人の本質って、長い期間かけて構築されるものだから・・・?

私は、その常識、ちょっと違うと思うんです。

なぜって、一瞬にして、
その人の本質的な在り方が、生き方が
劇的に変わる方法が、私たちにはあるから。

聖書を見ると、いっぱいいるじゃないですか。

キリストに出会うことで、キリストを信じ救われたことで
生き方が、在り方が、劇的に変わった人たち。

弟子たちもそう、パウロもそう、ザアカイもそう、サマリアの女もそう、
伝道された異邦人の兵士たちも、百人隊長もそう・・・

信仰により、恵みによって、キリストに出会って、また聖霊の助けによって
人ってありえないくらい変われるんです。


婚活仲間たちの証の中でみんなこの”変化”を体験していました。
主からの訓練を受け、変えられたときに、導かれた。変えられたから、目が開かれ、出会うことができた。
そんな証がいくつも出てきました。

一番の魅力アップは
神様からの訓練をあまんじて受け
キリストに似たものへと変えられていくこと

聖霊に心の部屋を明け渡して
ブラッシュアップしてもらうこと


もし、
外側を磨いているのに
マナーも悪くなく、服装もきちんとしているのに
な〜んかうまくいかない、
というときは
私って魅力ないのかなぁ、と絶望せずに
「神様、私を変えてください!!輝く者としてください!魅力溢れる者にしてください!」
と祈ってみるのも
いいかもしれません。


2019年5月27日月曜日

崇高な目的がなければ結婚できないのか?

何のために結婚するのか?

クリスチャンとして結婚するからには、
その目的はなんであるべきなのか?

神を証しするため
神に共に仕えるため
夫婦を通して伝道するため
夫婦でこういう奉仕をしていきたい
結婚したら家庭集会をひらきたい
召された奉仕があるからそれを結婚後もするため
結婚して一緒に検診するため

……

素晴らしい、結婚の目的。

夫婦で神に仕えること
夫婦で神の栄光を表すこと

確かにそう。

これは間違ってない。


だけど

そんな崇高な目標を持ち続けて、婚活したっけな?(笑)
そんな人、私の婚活仲間にいたっけな?

とふと思うのです。

何人ものクリスチャンの婚活相談にのる中で
「私にはたいした賜物もないし…できる奉仕(能力)もないし…」
という声を何度も聞きました。

みんな
ささやかで、小さなクリスチャン

何ができるわけじゃない
何ができてきたわけじゃない
教会でだって本当になんということもない小さな奉仕をしている
人によっては仕事が忙しくてほとんど奉仕はできない

でも

クリスチャンと結婚して
ささやかに
二人で祈るとか
一緒に教会いって礼拝するとか
一緒に聖書をちょっと読むとか
一緒に、この賛美いいねって聴くとか

そんなささやかなクリスチャンの結婚生活を送りたい。

そんな理由で
結婚を願ってはいけないのだろうか?



微妙な違いなのだけど

信仰を結婚の理由として利用するのは違う

と思うのです。


奉仕を続けたいから
教会生活を守りたいから
神様に仕えたいから
結婚したい


いやいやいや

結婚してもしなくても

奉仕を捧げる
教会生活を守る
神に仕える

それは、何があっても変わらないライフワークなはず

結婚しなきゃ
奉仕できない、教会生活ができない、神に仕えられない
わけじゃないですよね?

いつのまにかそれがすり替わって
願った結婚生活が叶わなくて
こんなに正しいこと願って祈っているのに
どうして叶わないの?!神は祝福してくれないの?!
って、絶望する
そんな必要はないのです。

私たちの正しさが神を動かすわけじゃない。
私たちの願いで神が動くわけじゃない。

神様が主体。主導権は神様にある。
結婚もそうだと思うんです。


今、結婚に導かれた婚活経験者の証を集めています。

何組ものクリスチャンの結婚式、そしてその後の結婚生活を見てきました。

信仰を持つこともそうだけど
結婚も
結婚生活も

私たちがどうする

というものではないな、とつくづく思います。

もちろん神に喜ばれることを願い求めて祈るんです。大事なことです。

でも、建てあげ、成し遂げるのは
神だな
と思わされます。

本人たちは
願い求めた祈りも忘れるほどに
必死で目の前のことに向き合い取り組みます。

神様は
その一人ひとりを取り扱って
試練を与え、成長させ
適した人とめぐり合わせ
適した「仕え方」へと導いていき
自然と証しする者としていきます

どんな人と
どんなことを通して
神の栄光をあらわすか
神に仕えていくか

それって
人間の側が決めることじゃなくて
神様の方で決めること

ささやかなクリスチャンの結婚生活の中で
自然と神の栄光があらわれるようになるんです。

あらわれるようにする
じゃなくて
あらわれるようになる

ということだと思うんです。

人が神に対してできることなんてない
これほどおこがましいことはない
でも、もしあるとすれば
神様に扱われること
器となること
神様に利用してもらうこと
神の栄光や愛を流す管としてもらうこと

だから

結婚の目的は
ささやかでもいいと思うんです

神様を第一に心に据えていれば。

方法や具体的なことは
神様にお任せして、楽しみにして。


証を寄せてくれたカップルたちは
みんな、ささやかに信仰生活を送るクリスチャン夫婦です。
大きな奉仕や活躍をしている人はいません。
でも、彼らの証ほど
「神様は素晴らしい」
と思わせるものはない…と感じます。
ものすごい説得力です。

どんな感動的な賛美コンサートより、心を震わせます。